朝食抜き生活で仕事の効率アップ?

役に立つ

皆さん朝ごはん食べてますか?

1日3食摂らないと生きていけないという人もいるかもしれませんが江戸時代までは1日2食が基本で3食摂る生活は最近始まったばかりなのです

僕は1日2食の朝食抜き生活を実践してから仕事の効率が超アップしました

仕事や副業などに十分な集中力が発揮できていないと感じる方はこの記事を読めば生活が激変するすること間違いなしです

昼朝食抜きで仕事の効率が上がる理由

昼食抜きのメリットといえば午後の眠気を抑えられるから午後の集中力が上がるなどがあげられます

しかし人間は午後よりも午前のほうが集中力が高く仕事がはかどります

朝やると15分かかる作業を昼やると30分、夜やると2時間かかるともいわれるほどです

そこで僕がおすすめするのは朝食を食べる時間を自分にとって大事なことをする時間に変換してしまうという方法です

朝食を食べる時間なんてたったの10分ぐらいだよと思う方もいるかもしれませんが、朝の10分は朝食を食べるのに使うのはもったいないぐらい貴重な時間だと僕は思います

1度仕事や副業など自分にとって大事な作業を昼の12時までに終わらせてしまい、それ以降はやらないと決めて作業に取り掛かってみてください

びっくりするぐらい作業が進むことに驚くと思います

昼の12時までにこの作業を終わらせないといけないという切迫感もあり集中できるはずです

今日中にこの仕事を終わらせようと考えると

午後やればいいか→寝る前やればいいか

となり午前なら15分で終わっていた仕事を1、2時間かけてダラダラやってしまうということが起きてしまうのです

朝食抜き生活のメリット(おまけ)

僕が朝食抜き生活をしてみて嬉しかったのはお金と時間が節約できることです

1日2食に慣れると自然に食べる量が減ります

食べる量が減ると当然食費は浮くので生活にゆとりができます

さらに食べる時間や食器洗いの時間まで節約できます

仕事を効率化できて時間、お金が浮くというメリットだらけの朝食抜き生活是非試してみてください

いきなり1日2食にするのは難しいという人は

朝食の時間を遅くして夕食の時間を早くするのがおすすめです

僕もこの方法を試してみると明らかにご飯を食べる量が減りました

朝起きたらとりあえず朝ごはんを食べるという流れを断ち切って朝起きたら作業をする

そしてお腹が空いたらご飯を食べるという流れに変えるだけでも効果ありです

お腹がすいてないのに食事の時間だからご飯を食べるという人も多いでしょう

正直1、2食摂らなくても死にはしないので食事を抜いてみるのもいいでしょう

1日2食生活は最初は空腹が我慢できなかったりイライラすることもあるかもしれませんが2週間ぐらい続けてたら慣れてきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました