お金に困っている人がお金持ちになるには?

役に立つ

なぜ貯金が必要なのか

なぜ人は貯金をするのでしょうか

多くの人は貯金を「老後のため。車、家を買う。」など何かしらの目的を持ってするものだと考えています

じゃあ目的が何もない人はお金を浪費してもいいのでしょうか

私は目的があってもなくても貯金はするべきだと考えています

なぜならば人生では最悪のタイミングで予期せぬ出来事が起こうるからです

例えば「事故にあう、病気になる、会社が倒産する」などの恐ろしいイベントは神様でもなければ予想不可能です

その時に貯金があれば多少は自分の人生をコントロールできるというわけです

お金に困っている人が真っ先にやること

収入-支出=貯金

当たり前だと思うかもしれませんが、貯金を増やして富を増やすには収入を増やすか支出を減らすかのどちらかしかありません

不思議なことに多くの人は収入アップを目指します

支出を見直すことは収入を増やすよりも圧倒的に簡単でコントロールしやすいにもかかわらずです

たとえ収入が少なかったとしても少ないお金で幸せになる方法を知っていれば十分な貯金は可能だということです

つまりお金に困っている人は支出の見直しを真っ先にやるべきなのです

支出の見直しするときのテクニック

貯金をしたいのであれば見栄を捨てて謙虚になる必要があります

なぜ人は生きるために必要な生活水準を超えた支出をしてしまうのでしょうか

その原因は他人との比較や見栄が原因です

現代ではSNSなどで簡単に他人との比較ができてしまいます

特にインスタグラムなどではブランド品などを見せびらかしたような投稿が沢山あるためやればやるほど嫉妬が増幅します

そうして自分がお金を持っているということを他人に示すための支出をしてしまうわけです

逆にいえば貯金をする能力というのは目の前の欲望を抑えて他人の目を気にしなければ思っている以上に簡単にコントロールできるというわけです

私も以前までは洋服を買うときはデザインで選んでいました

しかしそれが自分のエゴだと気づいてからは着やすい洋服を買うようになり自分本位で買い物をするように変わっていきました

これにお金を使っていいか迷ったら

僕がお金を使うか迷ったときに使っている2つの考え方を紹介します

1つ目はモノをお金ではなく時間で買っているという考え方です

例えば1枚2000円のTシャツを買う場合はこれを買うために2時間働けるかと考えます(時給1000円で働いている前提です)

そうすることでひとつひとつの買い物に慎重になれます

2つ目はこれにお金を使ったら安心して眠れるかと自分自身に問いかけるという方法です

お金は節約すればするほどいいものではありません

使うべき場所を見極めるのが大切です

その時に安心して夜眠れるかというのはいい指標になります

コメント

タイトルとURLをコピーしました